塾の自由度

最近の塾はかなり増えてきています。

塾には大きく分けて3種類があります。
一つは今までのような集団授業の塾、次に家庭教師、そして、個別指導の塾です。

中でも個別指導の塾の数はかなり増えてきています。

これだけある塾なのですが、いったいどのような違いがあるのでしょうか。
幾つかの項目に分けて比較してみたいと思います。

まずは生徒に合ったカリキュラムで授業が行えるのか。というところですが、家庭教師や個別指導の塾はもちろんできます。
家庭教師、個別指導の塾ともこれを売りにしているといってもいいと思います。

しかし、家庭教師も個別指導の塾も契約したら後は適当にっというところもあるようです。
契約前にきちっと確認をしてください。

集団授業の塾では集団で授業を行うため、個人に合ったカリキュラムを組むことは不可能です。

次に宿題の量です。
この項目は家庭教師はかなり融通がききます。

生徒の体調などを見ながら量の調節をしてくれます。

例えば、「できる子供なら10ページは大丈夫だな」とか「明日はクラブの試合だから少な目にしよう」など。
個別指導の塾でも指導は1対1なので生徒の理解度やスピードなどの把握はできるのである程度の調節は可能です。

しかし、家庭教師に比べると指導する時間は少ないのでたまに生徒に合っていない場合もあるようです。
集団授業の塾では生徒1人に合った量を調節するのは不可能です。

先生が細かいところまで見ることはできないからです。

次は授業の日程の組みやすさです。
これも家庭教師はかなり融通がききます。
先生が可能な日程であれば生徒に合わせてくれます。

先生は他の生徒もいるので必ず合わせてくれるということではありません。
個別指導の塾も比較的組みやすいといえます。
個別指導の塾は基本的に塾が開いている時間帯しか選べません。

家庭教師より選べる範囲は狭くなりますがある程度の自由はあります。
集団授業の塾は日程を固定しているので生徒が塾に合わせなければなりません。
このように見ると集団授業の塾はこちらが合わせないといけません。

 

 

天王寺 塾 おすすめ
過去の実例|兵庫 大阪 京都 プロ家庭教師 山本