芸能事務所と契約!レッスン生と専属の違いは?

リードワンプロモーションなどのオーディションのパターン

リードワンプロモーションなどの芸能事務所のオーディションを受けるとたいていの場合専属とレッスン生かのどちらかに分けられます。

この2つは一見あまり内容が変わらないような感じに思われるかもしれませんし、大きな差も感じられないかもしれません。

そこで専属とレッスン生の違いについて見ていきたいと思います。

芸能事務所のオーディションに合格するとまず契約をすることになります。

そこで自分が専属で合格したのかまたはレッスン生としてなのかが分かります。

専属になると事務所に所属する契約を交わすことになります。

その一方でレッスン生の場合、事務所の養成所でのレッスンを受けることのできる権利をもらえるということになります。

当然専属であってもレッスンを必要としますがここに大きな違いが出てきます。

夢を持ち続け目標を持って取り組み続けた人が夢をつかめる

養成所で受けるレッスンは決して安いとは言えないお金がかかることになりますのでもしも自分がレッスン生としてオーディションに合格した時はご両親にもその点を伝えておく必要があります。

レッスン生はただレッスンを受ける権利があるだけではありません。

今後芸能界で仕事をしていくためにはレッスンは必要ですからしっかりとレッスンに励むことで専属に昇格することができるようになります。

ですから多くのレッスン生が現在も専属契約を目指し養成所に通っているという現状があります。

夢を持ち続け目標を持って取り組み続けた人が夢をつかむことができるともいえます。

また、専属としてリードワンプロモーションなどの芸能事務所と契約を交わすことができたとしても養成所には通います。

さらに専属にもランクがあり、普通の契約と特待生としての契約があります。

普通契約であれば養成所の費用を全額負担しないといけませんが特待生であれば事務所負担になります。

初めは普通の専属契約でも特待生に昇格することができるので、レッスンに目標を持って取り組み仕事で結果を出していけば特待生のチャンスをつかみ取ることができます。

芸能事務所によってはレッスン生や専属という仕組みをなくしている事務所もありますし大手事務所などは養成所の場所を他人に教えてはいけないと指導しています。

リードワンプロモーションなどの事務所のオーディションに合格したらレッスン生であっても専属であってもチャンスは平等にあり、マネージャーもいるので安心して夢を追いかけることができます。

オーディション直後に決められたレッスン生や専属といった肩書にとらわれずに一生懸命レッスンに励む姿勢が仕事のオーディションにもいい影響を与えるので諦めずに頑張っていきましょう。

 

ニュース速報

リードワンプロモーション