お金は一生の問題

お金は一生の問題ですよね。

多くの人は学校を卒業した後に就職することと思います。

男性は特にそれこそ一生安定して働くことができる職場を目指していることと思います。

そのため正社員として勤務する人が多いことでしょうね。

女性も正社員で生涯勤務するといった人が多い時代です。

男女共稼ぎ世帯は増えており、各家庭の経済状況も昔と比べて大きく変化しつつあります。

お金については良いときもあれば、困っているときもあることでしょう。

例えば車が事故にあったときです。

思わぬ事故でショックでしょうが、修理代あるいは廃車となると費用についても考えなくてはなりません。

特に新車を買ったばかりでローンが残っている状態にも関わらず、通勤のため車が必要というときはお金の工面についても検討しなくてはなりません。

お金を借りるということは比較的簡単なことなのですが、お金を返していくのは予想以上に大変です。

実際に2重ローンに苦しんでどうすることもできなくなった人もいます。

お金を借りるということは最悪払えない場合も考えて、どうやって工面するか検討してからにするのがベターです。

日本の学校ではお金を借りることについての教育をあまりしていないのが現状です。

そのため大学生など、ある程度お金が自由になる年代にお金で失敗する人が出始めてきます。

親が尻拭いできる状況であればそれはまだいい方ですが、自己破産するといった人も存在しています。

また安易にお金を借りる人は、安易に自己破産もしがちです。

お金で大きく躓いた人はそれこそ何度も苦労する人もいます。

また負の連鎖の中、生きていかなくてはならないケースもあります。

こうしたことからお金については大事な問題であり、容易にお金を借りるのは絶対に避けるのがベターです。

お金がなくて買えないのであれば、買わなければいい話なのです。

お金をできるだけ使わないで、慎ましくも幸せな生活を送ってみるのもいいでしょうね。

金融機関からお金を借りる

社会人の大半は、自分でお金のやりくりをすると思います。

実家暮らしの人は、給料がほとんどお小遣いといった人も多いと思いますが、1人暮らしだと出費も多いことからなかなかそうは行かないものですよね。

また貯金をしている人は、定期預金を組んでいるといった人も多いことでしょう。

定期についてはよっぽどのことがない限り崩したくないといった人が大半です。

正社員勤務をしている人は、夏・冬にボーナスが支給されるケースも多いことでしょう。

突然の出費については、夏のボーナスや冬のボーナスで返済したいといった人もいるのではないでしょうか。

例えばシーズンオフにつき、普段よりも格安で販売されている商品があったとします。

これはとてもお買い得ですよね。

しかし現在持ち金がない場合、クレジットカードを利用するといった手もあります。

クレジットカードが利用できない場合、金融機関からお金を借りるのも1つの手です。

金融機関からお金を借りるというのは車のローンや教育ローン、住宅ローンなど大掛かりなイメージを持っている人も多いかと思いますが、意外と簡単に金融機関からお金を借りることが出来るケースがあります。

金融機関はさまざまな用途のためのお金を貸し付けているので、まずは相談に乗ってもらうのもおすすめです。

金融機関からお金を借りるのはもちろん審査も必要です。

大概は仕事をしていること、また返せる見込みが証明できることで貸し出しをしてくれるところがほとんどです。

お金についてはこのように金融機関を利用するといった手もあります。

知人等から借りる前に、金融機関を利用できるかどうか確認してみるのもおすすめです。

普段はお金に余裕がある人でもいつどうなるかはわかりません。

そういうこともありますので、今のうちに情報を収集して学んでおくというのは大事なことなのかもしれませんね。

そしてやっぱりお金を借りるときには、計画性を持って無茶苦茶なことをしないようにしましょう。

 

追記:お金は投資で生むことが可能です。借入しなければいけない人生なんてつまらないですよね。みんなで大家さんはみんなでお金を出し合ってアパートやマンションなどの不動産を経営していく投資信託です。今注目ですね^^
みんなで大家さん販売 公式サイト