資金調達が会社の存続に関わる

具体的な資金調達の方法とは

資金調達を上手く出来るかどうかにより、会社の存続に関わる事になります。
いくら売上をあげる事ができても社内に内部保留がない場合には資金繰りが悪化してしまうと直ぐに会社をたたむことにもなりかねません。
その為には資金調達を普段から上手く行うことが鍵になります。

具体的な資金調達の方法ですが、まずは銀行などから融資を受ける方法が考えられますが、銀行からの融資を受ける為には数多くのハードルをあるので、簡単に資金調達をするのは難しいといえます。

その為、融資に頼る事無く調達をする方法は売掛金を素早く回収する事です。

特に会社同士の付き合いが長くなってくればくるほど、売掛金が多くなる事が大きくなってくるので、頻繁に回収を行わない場合にはキャッシュフローが悪化してしまい、資金がショートしてしまう事にもなりかねません。

売掛金を回収する

売掛金を月に一度のペースで回収する事により、社内の内部保留もたまる様になってくるので、会社の運営を安定させる事にも繋がります。
資金は会社にとっては無くてはない存在ですし、調達に失敗した場合は会社が無くなるだけではなく、働いている従業員に給料の支払いもする事が出来なくなってしまいます。

その為にも資金調達が一番できる可能性が高い、売掛金の回収から行うようにしましょう。

他にも方法としては資金に行き詰まってしまった場合には銀行を頼るのではなく、友人や家族を頼るのも一つの手段です。
銀行から融資を受けた場合には利息を支払う必要がありますが、家族や友人の場合には利息までとらない方も多く、何より銀行に比べると融資が受けやすい点です。

自分の人脈にもよりますが、友人や家族なら困っている時はお互い様と言う事で貸し借りしてくれる人が多いので、安心して資金を借り入れする事ができます。

返す日も会社の運営の状況を話しながら決める事ができるので、無理な取り立てにあう事もありません。

個人投資家からのクラウド型の公募を利用する

それでも運営が難しい場合にはインターネットを使った個人投資家からのクラウド型の公募を利用すると良いでしょう。
これは寄付型の調達方法になるので、融資と違って返金をする必要がありません。

寄付をしてくれる事により、何かしらの特典を投資家に提供する事で、寄付の名目で融資を受ける事ができるため、注目を浴びている調達方法です。

またインターネットを利用して簡単に行う事ができるので、個人の会社でも簡単に手続きをする事が可能な為、今後の新しい融資方法の一つとして考えられています。