需要電力を監視して自動制御を行うデマンドコントローラー

デマンド値について

デマンドとは、最大需要電力を表す言葉のことで、最適な電力需給を必要とする環境を中心に使われています。

デマンドコントローラーは、その電力と電気料金削減の期待に応える製品で、無駄を減らす効果に結び付いています。

日本の電力会社の料金体系は、家庭と高圧で仕組みは異なりますが、高圧では過去1年間のデマンド値に応じて、今後1年間の契約電力や基本料金が決まります。

つまり、想定するデマンド値を超える電力を使用してしまうと、これから1年の契約電力が上がってしまい、高圧基本料金も上昇する結果に繋がることを意味します。

大量の電力を使う現場では、僅かなコストのアップが負担の増加に発展するので、デマンド値の監視と制御は重要な課題です。

年間高圧電気料金を現行のまま維持したり、削減を検討しているのであれば、デマンドコントローラーの導入が期待に応えてくれるでしょう。

デマンド値をマネジメントする仕組みについて

デマンド値をマネジメントする仕組みは、監視システムとコントローラーで構成されていて、定期的に計測される負荷電力量によって制御が行われます。

例えば、工場などエアコンディショナーの制御を必要とする環境では、発生している負荷電力が随時計測され、10秒毎に予測デマンド値の算出が行われる、といった高性能な製品が用意されています。

設定した目標値を超えないように、デマンド値を計測するには、高精度で信頼性の高い監視システムが必要です。

一方のデマンドコントローラーは、システムが算出した値に応じて、即座に制御信号を発信する役割を担っています。

監視システムの方が重要と思われがちですが、実はこちらの方が重要性は高く、期待した通りの制御を行う正確な動作が求められます。

自動制御が基本ですから、人の手を煩わせる手間がなく、必要外では存在を意識させないことも大切なポイントです。

最初に設定を決めるだけで、後は人が何もしなくても自動制御を行う、これが理想的なデマンドコントローラーの姿です。

高圧電力の監視、制御における装置の中でも、特に信頼され選ばれている製品には、多くのメリットと見逃せない魅力があります。

高圧基本料金の削減は、電力全般に関係する課題の一つで、高圧ではその重要度に高いと考えられています。

ACMDと呼ばれるデマンド値の監視制御装置は、エアコンディショナーの電力削減において、豊富な実績と優れた効果が認められているのが特徴です。

導入事例が増えていたり、高く評価されている実績はやはり、期待した通りの監視制御が行われ、高圧基本料金の削減効果が発揮されているからに他ならないでしょう。

初期費用は0円に設定されているので、導入を前にしてハードルを感じる心配がありませんし、削減された月額金額の一部は、リース料として導入費用に充当することが可能です。

ACMDを選ぶメリット

細かな制御を行うマンドコントローラーを採用していますから、電力を使い過ぎて電気料金に大きく響く、というような心配がなくなります。

また、正確かつバランス良く制御されますし、室外機が停止しても室内機で送風が行われるので、快適性は思ったよりも長時間続きます。

快適性を犠牲にしてまで、電力の削減やコストの低減を図るのは考えものですが、自動制御で両方を実現できる装置なら魅力的でしょう。

肝心の期待される削減効果は、導入の翌月にはもう現れますし、電力会社との協議次第で当日から削減が実現するケースもあります。

これらは、ACMDが選ばれている理由となっているメリットですから、エアコンディショナーのコスト削減を模索する企業にとってはまさに、注目に値する朗報となるはずです。

一度上がった高圧基本料金は、後にデマンド値を下げること自体はできても、料金の方は高止まりしてしまいます。

勿論、電力会社によっては、柔軟な対応で対応してもらえる場合もありますが、基本的には1年毎の更新を待つ状況になります。

高圧電力の使用に関しては、設定したデマンド値を超えないことが必要で、高精度な監視と制御が欠かせません。

コスト削減に役立つシステムや製品は数多くありますが、説得力を備えた実績のあるデマンドコントローラーは、導入を検討しようと思わせる興味を惹き付けるものです。

興味を持って調べたいと思った場合は、製品の実績やメリットをチェックして、説得力に裏付けがあるか確認することをおすすめします。

ACMDのような製品であれば、期待に応えてくれる可能性は十分に高く、選んでも後悔しない導入の成果に至るでしょう。

高性能な制御と低コストの実現を掲げていますから、自信を感じさせる説得力は本物で、実績に嘘や偽りがないことが分かります。

高圧基本料金の契約、そして電力使用量は負担や経営を大きく左右しますから、無駄を減らして確かな結果を残すことが不可欠です。

その為には、高精度の監視と自動制御を行う仕組みが助けになるので、パッケージングされた装置の導入を行って、電力使用量を減らすことが効果の実感に繋がります。

 

出典:ネオコーポレーションのデマンドコントローラーについて知っておくべきこと