様々な形で活用できるc0ban

c0banは、投げ銭という機能で、動画を投稿するアーティストや、会社などを応援したり、動画を自分で作成して広告主になることもできます。

まだ、広告主となっている会社はリリースしてあまり時間が経っていない仮想通貨なので多くはないですが、これから少しずつ拡大していく見通しです。

これからはショップや、食品や、コスメなどの特定の商品をアピールする動画に加えて、不動産や、人材、WEBコンテンツ、地域と連携した地方の活性化に寄与する動画など色々な分野の広告動画をコンテンツに加えていく予定となっています。

そして、地図上に広告主の店舗を出現させることが可能なアプリのサービスも提供しています。

コマーシャルの動画を視聴する側にとっては、c0banが獲得できるのでメリットがあるのですが、広告主のとってもメリットが多いサービスとなっています。

広告主のメリットとして挙げられるのは、最後までコマーシャルを視聴してもらうことが可能となることによって、質の良いお客様を獲得できることになります。

そして、お客様が広告主が提供する商品や、サービスを利用することによって、c0banが広告主に戻ってくるので、広告費を節約できるということもメリットとなります。

■c0banを投資として利用するための手順

c0banを投資として利用するためには、本人であることを取引サイトで認証することが必要になります。

本人認証を行うためには、パスポートや、自動車運転免許証など、本人であることが確認できる書類が必要となります。

アカウントを管理するメニューから、プロフィールを設定し、SMS認証を行い、取引に使うパスワードを設定して、個人認証をするために必要となるデータをアップロードします。

このデータを読み取ることにより、取引サイトが氏名や、生年月日、住所などを確認します。

確認がとれたら、取引を始めるために必要となる証拠金を入金します。

入金が確認できると、取引についての書類が取引サイトから送付されてきます。

これらの一連の手続きの流れが完了するまでは、およそ1週間ぐらいの時間が必要になります。

証拠金には、1万円以上のお金が必要になり、個人認証確認事務手数料として、拠出金の中の1,000円が差し引かれることになります。

証拠金を利用して取引することもできます。

最小限の買付金の取引金額は1,000円からとなっていて、買付は100円単位で行うことができます。

最小限の売付金の取引は10枚からとなっていて、売付は1枚単位で行うことができます。

c0ban 取引所