子育てが終わった元保育士さんへ

ブランクがあっても求人需要が高い保育士

結婚や出産などで保育士の仕事を離れた方もいらっしゃるでしょう。

そのような方でも、保育士の求人に応募するのは可能です。

現在はこの仕事に対する需要が高まっており、応募しやすくなっています。

特に東京のような都市部だったら、求人の数が多くて、年齢にこだわらないところもあります。

経験があった方が応募の際には有利になりますが、それよりも重視されるのは資格を持っていることです。

この仕事は資格がないと、することはできません。

・東京都にある施設が実際に出している保育士の応募用件例

【応募要件】
未経験可,ブランク可,年齢不問,新卒可,保育士
保育士(経験不問)

引用:ハッピーマム 採用情報



簡単に取得できる資格ではないので、どの保育園でも急に保育士の数を増やすことができません。

そのために、資格を持ちながらブランクのある方に注目が集まっています。

地方の場合でも、ブランクのある方を積極的に採用するところがあります。

各地方公共団体が、採用に力を入れているのです。

このようなことを知りたかったら、その地方公共団体のホームページを見るのが一番です。

いろいろな団体が、復職支援のセミナーを開催しています。

それをまず受けましょう。

セミナーを受ければ、この仕事の現状が分かるようになります。

また現場を離れていた間の変化したことなどを学べるので、自信を持って再就職できるようになります。

このタイプのセミナーは地方公共団体が主に行っています。

それ以外だったら、この仕事を専門に取り扱っている転職サイトも行っています。

どのタイプのセミナーでも、無料で参加できることが多いです。

ただし、事前の申し込みは必要になります。

働き方次第で復帰は可能です

復職したからと言って、いきなりフルタイムの仕事をする必要はありません。

パートの仕事から始めることも可能です。

現在では保育園以外にも、働けるところがあります。

例えば、医療機関が持っているキッズルームの仕事は、ブランクのある方でも働きやすいです。

母親が診察を受けている間に、子供を預かる仕事で通常はパートとして採用されます。

キッズルームの仕事は病院が多いですが、最近はデパートや美容院などでも求人を出すところが出てきました。

このような場所で仕事に復帰して、本格的な保育園の仕事を始める方法もあります。

長い間現場を離れていたら、仕事のコツを忘れてしまうものです。

そこで、気軽に始められる仕事から始めて、本格的な仕事を徐々にするようにしましょう。

この方法だったら、保育士の経験の浅い方にも向いています。

パートの仕事で経験を積んで、子供の接し方を勉強してから保育園で働くようにします。

自信を持って働けるようになる良い方法です。